東北・みやぎ復興マラソン2018に参加しました

宮城復興マラソンに参加しました

 

今回は、伴走です。

美STの企画で今まで何度か、ご一緒させていただいているチームの企画のお手伝い。

モデルの前田ゆかさんに並走して写真を撮影しつつ、伴走するのがミッション。

美魔女グランプリの西村真弓さんとフルマラソン初挑戦の元大人AKBの塚本まり子さんも一緒だ。※写真はオフィシャルサイトより。

詳しくは本誌をご覧いただき、自分はコースの所感で留める。

 

東京からの参加だと、仙台駅近くのホテルからのアクセスなのかと思う。

スタートが、9:35なので、新幹線では厳しいと思う。復興マラソンということで東北にお金を落としましょう。

仙台市内を走るのかと思いきや、名取駅まで電車で移動して、シャトルバスで会場へ向かう。路線バスを利用するのかと思いきや、観光バスがシャトルバス。贅沢な!

 

会場の岩沼海浜緑地に到着。

このあたりは津波に流された地域らしく、殺風景な景色が悲しさを増幅させる。

市内で行うことなく、このような地域でイベントを開催することに意義があるのかと思う。

 

到着はかなり早く着いた。

チップとゼッケンは郵送なので、荷物預けがなければギリギリでもOKだ。トイレの数は少し少ないように感じる。

ブロック毎に整列するが、この大会は珍しくウェーブスタート。速い組は9:35から。次は9:45から。自分の指定されたブロックより前での出走は失格だ。運営はメンドウかもしれないが、いい仕組みだ。

 

 

気温は朝は12度。日中も20度。この時期としては涼しかった。天気は曇り。マラソンとしては後半は少し暑いが、コンディションは良好。開催時期が10月半ばなので、夏場に走り込みできる人はいいがなかなか調整が難しいかもしれない。

自分は今回、伴走なので第2ウェーブの9:45スタート。9:35号砲。

ゆるゆるとスタート地点へ進みスタート地点を通過。

 

スタート地点からはしばらく道幅が狭くて進めない。1キロ地点で、設定ペースより約45秒ほど遅い。

記録を狙う方は早めに並んでブロック前方の位置をキープすることをオススメする。

1キロすぎから徐々にペースを上げることが可能になる。

 

設定ペースとしては6:30くらいで進んで、ネガティヴスピリットで、あわよくばサブ4.5。

PB4:41更新必達設定。

 

 

かさあげ道路を延々と進む。津波がきても大丈夫なようにかさあげしてる道路だ。

フラットな展開が続く。

 

7kmを過ぎると阿武隈川を横断する亘理大橋を渡って荒浜地区へ。この橋は全面通行止めで、行き帰りのランナーがすれ違う。

 

橋を下ると、15mの津波に襲われた地区。

皆さん普通に生活されている。

温かい応援を頂く。

 

亘理大橋復路地点で15km。

大きなアップダウンはここくらい。

そのあとはひたすら10kmほどを海岸線沿いにひた走る。海岸線沿いだが、海は見えない。この区間はエイドが多いのが救いだ。

 

25km手前では横目にスタート地点が見える。このまま帰りたくなるところだ。

ここで、またすれ違い区間があり、トップランナーの走りが見れる場合もある。自分はキロ6:30くらいのペースを維持していたが、すれ違うランナーはサブ3-3.5くらいのランナーたち。めっちゃ速く感じる。とても2週間後にこのスピードで走れる気がしない…

 

30キロをすぎるとすれ違い区間は終了して、ワンウェイ区間に。

田園地帯をいくつかのコーナーを経て走る。

37キロを過ぎると、再びすれ違い区間に。

 

通って来た道をゴール目指して戻っていく38キロ付近に橋があり、そこを越えればあとはフラットな道が続く。

 

残り2キロ地点で最後の給水。

あとは公園会場でゴール!

ミッションとしては、前田ゆかさんはPB達成!4:33くらいでゴール!凄く頑張ったと思います!他のお二人も無事ゴールした模様。気になる方は美ST誌面をご覧ください。

 

 

コースは、全体的にフラットで記録が出やすい設定だと思う。ただ時期が10月半ばなので、気温的には東北とはいえ暑い。曇りだったので良かったが、日が出ると20度を超えると思うので、暑いのが苦手だと難しいレース展開となりそう。シーズンも序盤の方なので、夏場の走り込みが重要なレースと言える。

 

エイドに関しては19箇所もあり、全部取らなくてもいいくらいある。最初は2キロ付近にあったので、流石にここは無くても。。。

といったところまであった。

はらこ飯やそば、りんご、いちご、みかん、せり汁、まんじゅう、おにぎりなど名産満載。

トイレは開場に少なく、コース上もキロ6:30のペースだと常に並んでいる状態だった。

 

終了後は会場内に東北マルシェという名産品の出店がある。人気はらこ飯やかに汁は売り切れ…スペアリブと日本酒を頂く。

 

全般的には良い大会だと思う。

終了後は駅か空港までシャトルバスが運行されており、仙台駅までは東北線で帰った。

 

アフターは仙台駅から徒歩5分くらいのところに男性専用だが、「とぽす」という風呂があるので、そこで汗を流した。

 

 

汗を流した後は仙台駅下の寿司通りに行く。時間が無く、ちょっとお高めの店にはいってしまったが、当たり!

すし哲は超オススメ!

 

なんか凄く楽しいミッションだった。機会があれば、またやりたいな。

 

 

次回は水戸黄門マラソン。練習不足なので、観光マラソンかな。。。



■新着ブログ

UTMF装備編 (木, 25 4月 2019)
>> 続きを読む

UTMF参戦記 トレーニング・準備編 (Thu, 25 Apr 2019)
>> 続きを読む

GPXデータをGoogleMapに読み込む (Wed, 24 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMF天子山地へ試走に行ってきました (Sat, 20 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMFのA7からゴールまで試走に行ってきました (Sun, 07 Apr 2019)
>> 続きを読む