館山若潮マラソン2018に参加してきました。

東京マラソンの調整という位置付けで、一カ月前の館山若潮マラソンに参加。東京マラソンではベストの3:27をクリアするために、アップダウンの多いコースで地力をアップ。

エントリー前は勝田に参加するか悩んだが、勝田の印象は余り良くなく、アクセスしやすい館山を選択。コースは比較してみたが、館山の方がアップダウンが多い印象だが、勝田の微妙な傾斜も苦手だ。

緑が勝田で赤いのが、館山。

コースは館山駅近くの八幡海岸近くの運動場を出発し、ひたすら海岸沿いを走って、

相浜から山に入って、波佐間海岸に抜けて海岸線を戻るコース。

6:00起床。餅2個と紅茶を摂取。

6:30出発。アクアラインは空いてるが館山道は少し渋滞。インターでトイレ休憩しつつ、タマゴサンド摂取。

 

会場駐車場には8:00すぎに到着。

シャトルバスに5分ほど乗って会場着。

受付は事前にダウンロードしたアプリのQRコードを見せる式。

ゼッケンとRFタグを貰って取り付ける。

参加費が6,000円と安いのは、事前に郵送無いのもあるんだろうなぁ。

ゴール地点は菜の花が両脇に。気分アガる!

スタート前にもう一度トイレに並ぶ。トイレの数も充分。

40分前にアミノバイタルゼリーとメダリスト細粒を摂取。

天気は日が出ていてポカポカだ。しかし天気予報は午後から雨、気温も4度くらいしかない。

ウェアをどうするか迷う。海岸沿いは風が吹いたら寒そうだ。しかし余り厚着もしたくない。

 

結局

・ベースレイヤーにonyone今回初投入

FCTOKYOレプリカユニ

・ウインドシェル(袖なしのベスト型)

・アームガード

・サロモンキャップ

CWXランパン

CWXアンダーパンツ

C3fitカーフガード

TABIOソックス

・ターサージール4

CWXレーシンググローブ

・モンベルサンダーパスグローブ(レイヤリング)

 

 

という装備。

ウインドシェルをベストにするか、袖有りにするか、または無しか、結構迷った。寒いのは、シンドイので結局ベストを選択した。グローブもレーシングだけだと寒そうだし、雨や給水で濡れると指先動かなくなるので、サンダーパスグローブをレイヤリング。

 

ウェアも決めたので、荷物預け300円で預ける。

 

スタートの招集は遅いタイムから順に呼ばれる。3:30から4:00の列の前の目に並ぶ。ゼッケンで事前に区分けされずに自由に並べる。

 

スタート地点に金哲彦さんやトライアスロンの上田藍さんも来ているようだが、よくわからない。

 

10:00予定通りにスタート。

スタートラインまでは2分くらいかかったかな。序盤は道幅がさほど広くなくあまりすスピードが出ない。

1キロをすぎたあたりで、5:12

サブ3.5ペースなら少し遅い。

道も空いてきたので、微妙にペースを上げる。

 

淡々とペースを刻むがアップダウン多いな

後半、足にくるパターンだなと思いつつサブ3.5ペースで10キロで50分を少し切るくらい。

 

2カ所目のエイドが12キロ付近に。

ここでトイレに行きたくなる。

あと30キロはガマンできないと思い、ちょうどトイレも一つ空いてたので、駆け込む。

気分がスッキリしたところでロスした分をカバーするため、少しスピードを上げる。

トイレの際に居た目印のキティちゃんの着ぐるみに何キロかして追いつく。

 

ハーフ地点南房パラダイスで1:46くらい。

このあと坂がすごいからサブ3.5は厳しいかなと思い始める。

 

海沿いのフラワーラインは菜の花があっていい感じのコースだ。この辺りからポツポツと雨が降る。ウインドシェルとサンダーパスグローブは正解だ。途中、エイドでパンを取ろうとするが取り損ねる。アミノバイタルゼリーを代わりに摂取。結局、持って行ったもので補給したのは、このゼリーのみ。寒くて、手の自由がきかないので、エイドごとにパンを食べた。

 

25キロくらいから30mくらい登る。

いったん降ってまた、登る。

坂多過ぎ!

 

スピードを殺さないように小股でピッチを心がけて登る。心肺も足もそんなにダメージがない。結構調子いいかも。

 

30キロ地点でも急登が。

トレイルのダラダラ登りに比べたらあっという間と言い聞かせて、走り切る。

 

人生は山あり谷ありだ。登りがあれば当然、ご褒美の降り!足も残ってるので、

32キロは4:3434キロも4:41のペースだ!

35キロ付近で、波左間海岸の海に戻ってきた。

 

ここら辺りでいい感じのスピードの女子がいたので、追走。あと7キロ。

タイム的にはキロ5分で繋げば、ネットでサブ3.5は確実。

この後もアップダウンがあるので、飛ばし過ぎないように気をつけながら走る。

微妙な登りがあるので、スピードを殺さないようにピッチを刻みながら女子を追走。

少し遅いかなと思ったところで前に出ると後ろに付いてきた。

しばらく一緒に走ってると、「3.5狙ってます?」と聞かれて「あわよくば」とグロスで行ける気がしてきたので、そう答える。

 

38キロ過ぎて、残り4キロ。

少しペースを上げてもゴールできるくらい足は残っている。

微妙にペースを上げていると、風船を付けたサブ3.5のペーサーを発見。

さらにペースを上げて走る。

スピード上げてもなかなか距離が縮まない。

残り1キロ。だいぶ近くまできた。

ゴールが見えて来た。

風船に追いつくか!

残り500

一緒に走ってた女子はスピードを上げた。

自分はネットで切れるからそれなりにスピードを上げる。

 

 

 

ゲートが見えた。風船抜ける位置だ!

ダッシュするか!

※後から撮った写真なので、風船さんはいません。

 

風船抜いてゴール!

3:29:26!

グロスで3.5切った!

Net3:27:55

 

35キロ付近から一緒だった女子と握手。

 

3:27:422011年のつくばでのベスト。

7年振りのサブ3.5

トイレ行かなきゃベストいってたなぁ。

 

 ラップはこんな感じ上手く前半貯めれたかなというイメージ。

 

参加賞のバスタオルをもらって、中村屋のパンと水とバナナ。豚汁とおしるこも頂く。

 

シャトルバスで車を回収。

シーサイドホテルでお風呂に入る。大会特典で500円で入浴できる。少し遅れたら、シャワー待ちになってた。

海岸線のお風呂からは、まだ走っているランナーたちが見える。なんか凄くいい感じだ。

余韻に浸れる。

 

お風呂の後はイオンモールに行ってみた。昔、回転寿司と魚屋があった記憶があったからだ。行ってみたら無くなってた何も買わずにイオンモールを出た。

そのままクルマで下道を走り、保田小学校の道の駅に寄る。校舎を改造した道幅の駅だ。

お腹が空いたのでイカメンチバーガーを食べる。うまい!家族にお土産も買って帰宅。

坂多過ぎだけど、6000円で至れりつくせりた大会だ!もうちょっと気温が高ければ最高だったな。

 

アップダウンは登りをイーブンくらいで頑張れば、下りは平坦よりスピードがのるので、走りやすいかもしれない。しかし、しっかり足を作らないとやられるやつです。

 

海岸線もリゾート感があって、景観も良い。個人的感想だけど、アップダウン厳しいけど、メリハリあって、勝田より好きだなこのコース。

来年も出ようかなという気になる。

 

次は東京マラソン。PB狙います(`_´)ゞ



■新着ブログ

UTMF装備編 (木, 25 4月 2019)
>> 続きを読む

UTMF参戦記 トレーニング・準備編 (Thu, 25 Apr 2019)
>> 続きを読む

GPXデータをGoogleMapに読み込む (Wed, 24 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMF天子山地へ試走に行ってきました (Sat, 20 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMFのA7からゴールまで試走に行ってきました (Sun, 07 Apr 2019)
>> 続きを読む