アディダスでRSSCANしてもらいました

B&Dに行ったら、アディダスがRSSCANという測定器を持ってきてデモをしてました。
ランニングの接地時の体重の移動を測定するらしいです。

裸足になり、軽くランニングして床に置いてある板状のスキャナーの上に、接地します。


接地したスキャナーが、1秒間に400回のスキャンをして、重心の移動を計測。
400回の軌跡が白い線。赤い線が身体の中心。
測定結果を見るとほぼ理想的な体重移動とのこと(^^)

赤い線の内側に重心が移動すると、オーバープロネーション状態だそうです。

ヒートマップを見ると、前足部に力が入りやすい傾向らしい。
多分、これが指のマメの原因かも。

アディダスの人にレース時はアディゼロ匠練を履いてることを話したら、改良バージョンを作ってるらしい。
ブーストの素材を前足部に入れて、地面からの反発を強化するとのこと。
ターサーに比べて、前足部が弱い感じがしてたので、改良されたバージョンも試してみたい!

新着ブログ

UTMF装備編 (木, 25 4月 2019)
>> 続きを読む

UTMF参戦記 トレーニング・準備編 (Thu, 25 Apr 2019)
>> 続きを読む

GPXデータをGoogleMapに読み込む (Wed, 24 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMF天子山地へ試走に行ってきました (Sat, 20 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMFのA7からゴールまで試走に行ってきました (Sun, 07 Apr 2019)
>> 続きを読む