夏場のランニング

夏は基本的に日の高い時間は、走らない方がいいでしょう。
朝4時から5時くらいが快適!ということは、分かっているのですが、起きられません(>_<)
朝ダメな人は、夕方以降に走るのがいいです。ナイトランも、街灯のある明るい
ところがオススメ。小さな段差などに気づかす、顔面からこけたことがあります。
夜とはいえ、30度を越えて、湿度も高いと熱中症になる恐れもあるので、注意が必要。 木陰のある公園や標高の高い山でトレイルランニングもオススメ。
特に山は常に日陰で標高が高ければ、気温もグッと下がり、涼しいので快適です。 急に温度が高くなった時に、いきなりいつも通り走ろうとするのもNG。 身体を暑さに馴らす熱馴化(ねつじゅんか)をした方がいいでしょう。 普段より、ゆっくりのペースで、距離も短めに。暑さに身体を慣らしましょう。 走る時は必ず水分を携帯しましょう。同じ距離でも、涼しい時期は、走れていたのに、
夏の時期は厳しく、あっという間に、脱水で身体が動かなくなります。
コースに公園などの水道があることや、非常用に小銭を持つことも大切。
>>給水に関してはこちらから
サングラスなどのアイウェアは、必須。視界が暗くなることで、
心理的にも涼しくなり、精神的な疲労度が異なります。コースにトンネルが
多かったりする人は、黄色系のレンズやレンズが取り替えられるオークリーもオススメ。 もちろんキャップも必須。
夏の間に走力をアップしたい方は、距離は短めにして、スピードトレーニングなどが
効果的。トラックがあればヤッソ800やインターバル走をすると、短めの時間で
負荷をかけられますが、初心者には厳しめのトレーニング。 まぁ、あんまり暑い日は、走らないでプールに行くのが、一番!
スイムでクロストレーニングもたまには、いいです!


このエントリーをはてなブックマークに追加



■新着ブログ

第3回トレニックワールド 100km in 彩の国に参加してきました。 (土, 19 5月 2018)
>> 続きを読む

東京マラソン2018に参加してきました (日, 25 3月 2018)
>> 続きを読む

小仏から石老山ピストン (木, 08 3月 2018)
>> 続きを読む

MERIDA REACTO400納車される! (土, 10 2月 2018)
>> 続きを読む

NIKE ZOOM VAPORFLY ELITE CHALLENGEに行ってきました。 (土, 03 2月 2018)
>> 続きを読む