ウェアの選び方

ウェアは、なるべく風の抵抗を受けなく、軽いものが基本だと思います。

◾︎上半身
上半身は、春から夏にかけては、Tシャツ。できれば速乾性のもの。綿は汗でビショ濡れになります。予算に余裕があれば、CW-Xなどのコンプレッション系のシャツ、またはインナーが良いです。暑さも寒さも肌に密着しているので、防ぎやすいです。

◾︎下半身
下半身は、初心者ほどCW-Xなどのコンプレッション系のタイツをオススメします。
しかし、高額なので手が出にくいですね。暖かい時期であれば、GUとかて、売ってる短パン。後々にタイツを買った際に、重ね着もできます。寒い時期であれば、短パンの上に、ウィンドブレーカーの下部分が軽くて良いです。
多少、長く走れるようになってきたら、1枚はコンプレッション系のタイツはあったほうが良いです。疲労がてまると、膝などに痛みが出てくる場合があります。ケガの予防にもなります。

あまりオススメできないのは、ジャージやスウェット系。自分が始めた頃は、こんなにウェアの種類がなかったので、Championのジャージで走るというありえない感じでした。
格好は別にして、走るということに関しては、機能的に適していないことが、後々分かりました。重くて、ダフっとしているので、風の抵抗を受けやすく、とても快適には走れません。

サウナスーツみたいな物もオススメ出来ません。ダイエット目的だとしても、不快さからランニングが習慣になる前にイヤになるでしょう。


◾︎インナー
男性視点でしかお話しできませんが、こちらもダフっとしたものどなく、ボクサーブリーフが伸縮性もあって、快適です。これもGUなどで、安く売ってます。
トランクスなどはオススメできません。
結構よかったのが、これも高額ですが、包帯パンツという包帯生地で作られたパンツがあります。締め付けがあまりなく、可動にも支障がなく、保温、通気性も問題ありません。ハセツネはこのパンツで出場しました。


◾︎ソックス
基本、踝(くるぶし)あたりまでの短めなもの。これGUとかで売ってます。自分はレースの時はTABIOのレーシングソックスを使っています。五本指で、アーチサポート、底面に滑り止めついてます。夏場はカーフガードをするのも良いです。

とにかく、快適に!軽く、汗を感じにくいものがベスト

 

シューズウェアがそろったら、早速走ってみよう!!

 

 

 

≫ペース・距離はどのくらい?

 

≫都内・関東ランニング・ジョギングコース

 

新着ブログ

UTMF装備編 (木, 25 4月 2019)
>> 続きを読む

UTMF参戦記 トレーニング・準備編 (Thu, 25 Apr 2019)
>> 続きを読む

GPXデータをGoogleMapに読み込む (Wed, 24 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMF天子山地へ試走に行ってきました (Sat, 20 Apr 2019)
>> 続きを読む

UTMFのA7からゴールまで試走に行ってきました (Sun, 07 Apr 2019)
>> 続きを読む